木曽御嶽山登山 田の原~剣ヶ峰往復 2度目の3000m超え

スキーでは毎年のように出かけていて(ここ2年くらいはご無沙汰だけど)、雪を被った姿が馴染み深い御嶽山。
登山の計画は去年も立てたものの、台風で中止になってしまい今年に持ち越しになっていました。登山は翌日の筋肉痛が心配なので、翌日のんびりできる海の日の3連休の中日予定していたのですが、なかなか梅雨が明けずまたもや中止。でも最終日は登山日和になるという予報を見たので、渋る妻を説得して強行することにしました。
ろくに睡眠もとらずに23時30分に自宅を出発。土砂降りで50km規制の中央道を走って3時過ぎに田の原天然自然公園駐車場に到着。奥の駐車場はすでに半分以上埋まっていました。

4時過ぎ、あたりが明るくなってきて周りの様子が分かるようになりましたが、本来この方向にドーンと見えるはずの御嶽山は雲の中です。
20140721_002.jpg

ちょっと遅くなってしまいスタートは5時20分。スタート地点の田の原は標高が2180kmあり、7合目になります。
ここが登山道の入口。御嶽山は信仰の山なので鳥居をくぐって山頂を目指します。いつの間にか雲が消えて御嶽山の全容が望めます。
20140721_011.jpg
20140721_015.jpg

登山道に入ってすぐ右側に「田の原大黒天」があります。巨大な5円玉が印象的でした。
20140721_018.jpg

最初は平坦で歩きやすい砂利道が続きます。
登山道入口からしばらく歩いていくと、途中右手に御嶽神社の遥拝所がありますが今回は通り過ぎるだけ。
20140721_022.jpg

5時50分 標高:2285m
やや上り坂となった所に「大江大権現」があります。明治初年までここから先は女人禁制だったそうです。
20140721_027.jpg

上りは急になってきましたが整備された階段が続きます。でも今日は雨で濡れているので要注意です。
20140721_030.jpg

6時07分 標高:2380m
赤土が露出した「あかっぱげ」。乾燥した時だとスパッツが必要になるかもしれませんが、今日は雨で適度に濡れていて歩きやすい。
20140721_032.jpg
20140721_034.jpg

6時27分 標高:2475m 8合目「金剛童子」
標準では1時間弱でここに到着できるそうですが、すでに2時間が経過しています。心臓バクバク状態なので休憩回数の多いこと、焦らずマイペースで登ります。
20140721_045.jpg
20140721_050.jpg

6時46分 標高:2543m 「8合目石室」避難小屋です。
20140721_059.jpg

7時21分 標高:2625m 「富士見石」
20140721_072.jpg

天気がよければここから富士山が見えることもあるそうですが、富士山はおろか他の山は一つも見えません。見えるのは雲海のみ。
20140721_074.jpg

雪はまだまだ残っています。
20140721_088.jpg

9合目手前で「雷鳥」が近くまで来てくれました。慣れているのか人間を怖がりません。
20140721_081.jpg
20140721_082.jpg

8時01分 標高:2700m 9合目「一口水」
20140721_090.jpg

御嶽山の天然水が湧き出ています。枯れてしまうこともあるらしいのでラッキーでしたが、安全性が保証されないとの情報を見かけたので今回は飲むのはやめときました。でも冷たくておいしそう。
20140721_092.jpg

登っている途中、上の方でホラガイの音が聞こえていましたが、首からホラガイを下げた方が下りてきたので撮らせてもらいました。大きいんだ。
20140721_100.jpg

8時27分 「9合目石室」
20140721_101.jpg

さらに勾配がきつくなり苦しーい。
20140721_096.jpg

8時32分 「大のぞき」
谷をのぞけますが、足がすくみます。
20140721_103.jpg

8時35分 標高:2850m 「中央不動」
20140721_105_20140723001139bfb.jpg

王滝頂上にあと少し。王滝頂上山荘がだいぶ近くなりました。
20140721_111.jpg

9時07分 標高:2936m 「王滝頂上」
頂上といってもここが山頂ではありません。
20140721_116.jpg

この鳥居をくぐって剣ヶ峰を目指します。
妻はここで終わりだと思っていたようでちょっとがっかりしていましたが、好物の「柿ピー」を与えて説得しました。
20140721_118.jpg

音をたててガスが出ているのを見ると御嶽山が活火山であることを実感します。
20140721_129.jpg

9時21分 「八丁だるみ」
王滝頂上から剣ヶ峰までの間を八丁ダルミといいます。なだらかな道がしばらく続きますがその向こうにはまた登りが。
20140721_133.jpg

変わった形のモニュメント「まごころの塔」と言うそうです。
20140721_137.jpg

9時21分 「御嶽教大御神火祭場」
20140721_139.jpg

空が近い。青さが全然違います。
20140721_148.jpg

「頂上山荘」
20140721_157.jpg

これが最後の石段です。これを登れば山頂。
20140721_158.jpg

10時12分 標高:3067m 「剣ヶ峰」
やっと本当の頂上「剣ヶ峰」に到着です。標準的な人で3時間で登れるところを5時間もかかってしまいました。かなり標準以下だな。
20140721_184.jpg
20140721_101936.jpg
20140721_181.jpg

山頂付近は雲の上で晴れていますが、残念ながら北アルプスや中央アルプスなどの山々を見ることはできませんでした。

順番を待って記念撮影。御嶽山頂上 3067mです。
20140721_166_2.jpg

一ノ池
20140721_101918.jpg

神秘的な色をした二ノ池が見えます。本当はお鉢巡りをして、あそこまで行って見たかったけれど、そんな元気はもうありません。
20140721_183.jpg

疲れ過ぎてあまり食欲がないので行動食で少しエネルギーを補給して帰りの途につきます。

途中王滝頂上まで下りた所でカップ麺を食べようとしたところストーブが着かない。イグナイターを見ると火花が飛んでいません。なんと3000mまで水、ストーブ、カップを運んだだけとなりました。

登りに比べて下りは息が切れることもなくだいぶ楽です。でも小柄な妻は下りのほうが怖くて時間がかかり、後から来る人にどんどん抜かれて行きます。その度に脇へ避けているのでさらに時間がかかります。
20140721_193.jpg

「あかっぱげ」まで来ると、田の原の駐車場が見えてきました。
20140721_201.jpg

途中で見かけておんたけの植物たち。
20140721_044.jpg 20140721_054.jpg
20140721_056.jpg 20140721_065.jpg
20140721_099.jpg 20140721_104.jpg
20140721_107.jpg 20140721_205.jpg

平らな道はとても歩き安い。もう少しです。
20140721_207.jpg

14時05分 駐車場到着
20140721_213.jpg

予定よりかなり時間がかかりましたが、なんとか無事に戻ることができました。今回は睡眠不足の強行登山だったため余計に時間がかかってしまったのかもしれません。
3000m超えなので高山病を心配しましたが、下りにちょっと頭痛があっただけでした。
山頂からの景色は今一つでしたが、真っ青な空も見え、雷鳥にも出会えたし、雨に降られることもなく、ほぼ満足できた登山となりました。

20140721_御嶽登山_ゴール



             ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
     上のマップをクリックすると詳しいGPSデータを表示



フォトアルバムはこちら →



にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ    よかったらクリックしてネ!
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 御嶽山

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

びん

Author:びん
キャンプ、スキー、カヌーOutdoor大好きおやじ
最近はシーカヤックに夢中
棲息地:愛知県

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
-降水短時間予報-
FC2カウンター
現在の閲覧者数
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック