白い羊に会いに竜ヶ岳へ

竜ヶ岳トレッキングの動画です。
後半、レンズに汗が付いてしまったようでフィルターの掛かった画像になってしまいました。






にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ    よかったらクリックしてネ!
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 竜ヶ岳 シロヤシオ

竜ヶ岳にシロヤシオを見に行ってきました

今日はFacebookつながりのTさん企画「竜ヶ岳 シロヤシオ 見に行きませんか?」に参加して今が見頃のシロヤシを見に三重県いなべ市の「竜ヶ岳」1099mに登ってきました。1か月ぶりの登山ということもあって初心者の私達にはなかなか登りがいのある山でしたが、あちこちに咲く満開のシロヤシオと山頂からの景色に癒されてきました。
コースは宇賀渓キャンプ場をスタートし遠足尾根を登り表道を下り途中の小峠から沢伝いに滝を見ながら下りるルートです。

6時に駐車場に着いた時には既に8割がた埋まっていました。
20180512_004.jpg

7:10スタートです。今日は絶好の山日和だ。
20180512_005.jpg

名水 竜の雫
20180512_016.jpg

しばらく杉林の北河内林道を登ります。
20180512_018.jpg

7:40 ここから遠足尾根コースに入ります。
20180512_019.jpg

竜ヶ岳ではいたるところに位置確認No.が付けられていて、マップで容易に自分の位置を確認することができます。
20180512_022.jpg

20180512_002-2.jpg

なかなかハードな杉林の急登が続きます。
20180512_025.jpg

20180512_027.jpg

No.137 杉林が終わりブナ林の始まり。
20180512_033.jpg

新緑が目に優しい。急登でフーフー言っていたけどだいぶ歩きやすくまりました。
20180512_034.jpg

アカヤシオが咲いていました。
20180512_035.jpg

ヤマツツジ。
20180512_038.jpg

左に少し山頂が見えます。まだまだ遠いな。
20180512_047.jpg

背の高い木がなくなり伊勢湾も一望できます。
20180512_066.jpg

No.128 このあたりからシロヤシオが目に留まるようになります。
20180512_058.jpg

20180512_056.jpg

眺望が開けて平坦なコースになったのでみんな元気になりました。
20180512_076.jpg

満開のシロヤシオのトンネルを通り抜けます。
20180512_082.jpg

20180512_083.jpg 20180512_084.jpg
20180512_090.jpg 20180512_092.jpg

登っては下るのくり返し。
20180512_093.jpg

標高も1000mを超えました。
20180512_100.jpg

山肌に咲くシロヤシオが遠くから見ると放牧されている白い羊の群れに見えることで有名な竜ヶ岳ですが今日はたくさんの羊を見れました。秋になるとこれが赤く紅葉し赤羊になるそうです。その頃にまた来てみるのもいいかも。
20180512_107.jpg

頂上まであと少し。
20180512_119.jpg

20180512_113.jpg

10:50 竜ヶ岳頂上に到着。
20180512_133.jpg

先客でいっぱいの頂上。
DSCN0749-2.jpg

スペースを見つけて伊勢湾を見ながら昼食。
20180512_135.jpg

疲れた後にはやっぱり甘いものが欲しくなります。
20180512_142.jpg

帰りは表道ルートで帰ります。
20180512_146.jpg

さあ左に見える石榑峠を目指して下ります。
20180512_156.jpg

なかなか急な下りです。一気に膝が痛み出しちゃいました。
20180512_157.jpg

「重ね岩」
DSCN0837-2.jpg

高いところが好きな人は登りたくなります。
20180512_164.jpg

この辺りから砂のザレ場が現れます。
20180512_174.jpg

石榑峠到着。
20180512_195.jpg

しばらくは舗装路を歩きますがこれがまた膝には優しくない。
20180512_197.jpg

ここから沢沿いに下ります。
20180512_203.jpg

このルートは滝もたくさんあって涼しいコースです。水が冷たくて気持ちいい。真夏だったら飛び込みたい気分です。
20180512_215.jpg
20180512_251.jpg 20180512_267.jpg
20180512_258.jpg

本日最大の難関。梯子下り。
20180512_223.jpg

でも勇気をだして梯子を下りた先には大きな滝が待っていました。
20180512_231.jpg

時には岩も飛び越え。
20180512_241.jpg

丸太橋も渡ります。
20180512_263.jpg

下りの連続で右膝がすでに限界を超えていて痛い痛い。何とか若いみんなについて行くのに必死です。
20180512_256.jpg

ここで行きに通った北河内林道に合流。右へ。
20180512_266.jpg

竜の雫
暑くてすでに飲料水を飲み切っていたのでみんなここでのどを潤します。
20180512_269.jpg

15:17 宇賀渓キャンプ場入り串に戻ってきました。みんな道端の自動販売機に直行してコーラを飲み干します。
20180512_273.jpg

思っていたよりちょっとキツく、体はガタガタになったけど、羊と滝をいっぱい見れた山行でした。鈴鹿セブンマウンテンも御在所岳、藤原岳、入道ヶ岳、竜ヶ岳を登ったのであと3つ全部登るにはまだ少し時間がかかりそうです。

帰りには「阿下喜温泉あじさいの里」に浸かって帰りました。



本日の移動距離は13.8kmでした。

       ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
  マップをクリックすると詳細なGPSデータを表示


フォトアルバムはこちら →



にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ    よかったらクリックしてネ!
にほんブログ村

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 竜ヶ岳 鈴鹿セブンマウンテン シロヤシオ

霊仙山へ福寿草を見に行ってきました

今日はスクロールさん企画の「霊仙山へ福寿草を見に行きませんか?」に参加して山登りに行ってきました。
霊仙山は去年の12月にも登った山だけどこの季節は「福寿草」が見れるらしい。50数年生きてきて福寿草って今までに見たことないと思います。楽しみだな~。でもちょっと気がかりなのはスギ花粉です。

今回は前回とは逆回り。前半に急登ばかりの難所が続きますが後半は下りの楽ちんコースのはずです。
7:50 今畑登山口からスタート
20180324_003-2.jpg

登り始めてすぐに見えてくるのは「宗金寺」
20180324_008.jpg

しばらくスギ林の中を登りますがそれもすぐに終わり、葉の落ちた木々の間から山頂が望めます。
20180324_011.jpg

日陰にはまだ雪も残っていました。
20180324_012.jpg

スタート直後はちょっときつめの登りで、一気に体温が上昇しましたが尾根に出ると快適です。
20180324_013.jpg

樹林帯もここまでです。
20180324_018.jpg

本日一番の難所の始まり始まり。
20180324_017.jpg

岩だらけの急登でさらにぬかるんでいてよく滑ります。
20180324_019.jpg

20180324_020.jpg

唯一の救いは天気が良くて眺望がいいこと。
20180324_021.jpg

20180324_025.jpg

20180324_032.jpg

この時期でもまさか樹氷が見れるとは思いませんでした。
20180324_029.jpg

20180324_034.jpg

急登を登り切って尾根に出ると「近江展望台」があります。これから向かう山頂方面は雪景色です。
20180324_038.jpg

そして本日お目当ての福寿草がありましたありました。実はもっと群生していると思っていたので、ところどころ岩陰に咲いているだけでちょっと拍子抜けでした。
20180324_049-2.jpg
20180324_044-2.jpg 20180324_065-2.jpg 20180324_054-2.jpg 20180324_045-2.jpg

福寿草の咲く一帯を抜けると前方には雪山が広がっていました。
20180324_058.jpg

3月でもまだ雪山気分が味わえます。
20180324_061.jpg

20180324_063.jpg

泥だらけで滑りやすくなったシューズなので、谷に滑落しないように慎重に進みます。
20180324_072.jpg

11:10 霊仙山最高地点1098m 到着
後ろには伊吹山や岐阜の山々がすぐそこに見えました。
20180324_077.jpg

今度は霊仙山山頂 1084m 到着
20180324_084.jpg

長浜市や琵琶湖が手に取るように見えます。
20180324_087.jpg

今日は予想が外れて風もないので山頂で昼食です。
20180324_090.jpg

本日初登場のSOTO フィールドホッパー。
20180324_089.jpg

食後は360℃のパノラマを楽しみながらコーヒーを味わいます。
20180324_092.jpg

のんびりと昼食を食べて体力も回復したので帰るとします。下りは楽なルートだということがわかっているので安心です。
20180324_096.jpg

ここだけ見ると雪山真っ只中。
20180324_099.jpg

お虎が池
20180324_103.jpg

下り始めは歩きやすいかったけど、この後所々にぬかるんでいてみんな尻もちをついていました。
20180324_109.jpg

3合目
あと少しです。
20180324_115.jpg

汗拭き峠
ここからはちょっと急な下り。
20180324_116.jpg

沢沿いの杉林の中を歩きます。目には見えないけど花粉がいっぱい飛んでいるんだろうな。
20180324_120.jpg

落合集落を抜けて駐車場まであと少し。
20180324_123.jpg

今日は膝も大して痛くならず11kmの快適な山行となりました。ただ帰宅後は鼻水ダラダラ状態になったことは言うまでもありません。
20180324_霊仙山









       ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
  マップクリックで詳細なGPSデータを表示


フォトアルバムはこちら →


にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ    よかったらクリックしてネ!
にほんブログ村

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 霊仙山 カルスト台地

吹雪の大日ヶ岳スノーシュートレッキング&スキー

先週に引き続き今週も山です。本日登るのは大日ヶ岳。天気予報では日曜日より土曜日の方が天気はよさそう。はたして今日も絶景が拝めるのか。
出かけたのは岐阜県郡上市の高鷲スノーパークスキー場。駐車場に着くと見えていた太陽も雲の中に隠れてしまいました。
20180224-001.jpg

上の方はガスの中。
ゴンドラに乗って一気に1500mまで上がります。
20180224_001.jpg

ゴンドラ終点に着くとしっかり雪が降りだしています。こんなの聞いてないよ。
山頂カフェポポロの左を通って山頂を目指します。
20180224-002.jpg

麓でちゃんと登山届も提出してきました。
20180224_005.jpg

8:00 スタートです。たくさんのグループが山登りの準備をしていました。
20180224-003.jpg

雪はフカフカでスノーシューにはもってこいの雪質です。
20180224_007.jpg

ただ登りが想像以上にキツイ。
20180224_010.jpg

尾根に出ると吹き飛ばされそうな強風と吹雪。
20180224_015.jpg

眺望がよけれは元気も湧いてくるけど一面真っ白。
20180224-005.jpg

先行グループが見えます。あの向こうが山頂です。苦し~い。
20180224_019.jpg

20180224-010_201802242227109e7.jpg

9:00
1709m 大日ヶ岳山頂到着
20180224-012.jpg

しかし眺望は全くなし、20mは超えているだろうと思われる風と吹雪。せっかく担ぎ上げたカップ麺も、ぜんざいも作ることはできずに持ち帰りです。とっとと写真だけ撮って退散です。
20180224-013.jpg

20180224-014.jpg



延々と登ってきたので(といっても1.3kmくらい)、帰りは下るだけで楽ちん。
20180224-021.jpg

でも強風は止む気配がない。
20180224_023.jpg

それでもたくさんのグループがどんどん登ってきます。
20180224_027.jpg

9:45 1時間45分のスノーシュートレッキング終了です。
今までの山行で最短の記録でした。
20180224_028.jpg

スノーシューの跡はゴンドラに乗っていったん駐車場に戻ります。
20180224_033.jpg

ペットボトルのお茶は寒さで凍結。
20180224_036.jpg

まだ10:30、時間はたっぷりあるのでスキーに履き替えて何本か滑ります。
20180224-025.jpg

今日は短い距離を登っただけなのに、すぐに足が限界を超えてしまいました。天気は最悪だったけどスノーシューとスキーの両方が楽しめて楽しい一日でした。
20180224_120449.jpg



たった2.7km歩いただけなのに10kmくらい歩いた疲労感
20180224_大日ヶ岳

weathermap00_20180224203630627.jpg



       ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
  マップクリックで詳細なGPSデータを表示


フォトアルバムはこちら →


にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ    よかったらクリックしてネ!
にほんブログ村

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 大日ヶ岳 スノーシュー 高鷲スノーパーク

2/19 御在所岳スノーシュートレッキング

昨日、雪山へ行ったばかりなのに今日は有休をとってまたまた雪山です。

いつも自分ばかりスノーシューを楽しんでいるので、今日は妻にスノーシューを履いてもらって雪の上を歩く感触を味わってもらうことが目的です。運が良ければ樹氷を見ることができるかもしれません。やってきたのは三重県三重郡菰野町の御在所岳。ここは3年前にもスノーシューを体験しようとしてやってきたものの、強風でロープウェイが運休してしまい体験できなかったところですが、今日は風もなくロープウェイは動いているようです。
20180219_003.jpg

スキー場のゴンドラより大きめです。平日なので貸し切り状態。
20180219_008.jpg

山頂は白いけどこの辺りにはほとんど雪はありません。
20180219_012.jpg

この時期でも「中道登山道」を登っている方が見えました。
20180219_014.jpg

中道登山道のキレットがよく見えます。
20180219_019.jpg

山頂に近づくに連れて雪山の景色になってきました。
20180219_022.jpg

ロープウェイを降りてスキー場方面へ下ります。
20180219_029.jpg

残念ながら昨日はあったという樹氷は今日は綺麗に消えてしまっていました。
20180219_028.jpg

氷瀑はしっかり残っています。
20180219_033.jpg

御在所岳では山上の「ございしょ自然学校」にて1日1000円でスノーシューをレンタルすることができ、ちょっと体験したい者にはもってこいです。左側の建物で借りれます。
20180219_035.jpg

貸してもらえるのはモンベルのスノーシュー。
20180219_036.jpg

10:00 さあスノーシュー体験のスタートです。
実はここで大きな間違いを犯してしまっていましたがこの時点では全く気が付いていません。
20180219_038.jpg

なんだかだんだん急な斜面になってきました。
20180219_039.jpg

木々の枝には所々にピンクのリボンはあるし、新しいトレースもあるけれど、どう見てもスノーシューの跡がない。
MAH00735(2).jpg

GPSを見ると確かにルートの上にはいますが、初めてスノーシューを体験する者が歩くようなルートではありません。山では不安を感じたら戻ることが鉄則。せっかく下ってきたルートを登って戻ることにします。
20180219_040.jpg

スタート地点まで戻ってきました。どうやら登山道へ入ってしまったのがいけなかったようでまっすぐ進めばよかったのです。とても平坦でいかにも初心者向けですが踏み固められているのでスノーシューなしでも問題なく歩けそう。
20180219_042.jpg
20180219_043.jpg

歩道に沿ってどんどん進みます。
スノーシューを初めて履かされて、いきなり急斜面に連れ出された妻にはこれくらいのルートでは物足らないかも。
20180219_044.jpg

想定していた風が全くなく南向きの斜面なので、歩いていると暑いくらい一枚脱いで体温調整です。
20180219_048.jpg

ちょっと霞んでいますが伊勢湾がよく見えます。
20180219_050.jpg

目指すはあの御嶽大権現。
20180219_052.jpg

長者池は凍っていて見えないので通過。
20180219_067.jpg

ちょっと登りになってスノーシューが活躍します。
20180219_056.jpg

10:55 御嶽大権現に到着。
20180219_058.jpg

風もなく気持ちがいいので横のベンチでコーヒータイムにします。ここまで準備して大きな忘れ物。ケトル(やかん)がない!以前、御在所岳に来た時にもケトルを忘れてコーヒーが飲めなかったことがありました。シェラカップでもあれば沸かせたのにな。仕方がないので冷たいペットボトルのお茶とお菓子で小腹を満たします。
20180219_065.jpg

今度は御在所岳頂上を目指します。
20180219_066.jpg

11:40 1212m 御在所岳頂上に到着。
20180219_080-2.jpg

望湖台からはかすかに琵琶湖が望めました。
20180219_072.jpg

3km弱のスノーシュー体験はあっという間に終了です。いきなり上級ルートに迷い込んでしまうハプニングはありましたが妻には満足してもらえたようです。次は冬の上高地へ行ってみたいな。
20180219_085.jpg

ちょうどお昼でお腹もすいたので、御在所岳名物のカレーうどんをいただくことにします。
20180219_086.jpg

私は海老天カレーうどんにしてみました。
20180219_087.jpg

お土産を買った後はロープウェイに乗って下界に戻ります。
20180219_095.jpg

今の期間、500円で(タオル付)好きな温泉に入れるそうなのですかさずチケットを購入。
20180219_006.jpg

夏にはロープウェイ乗り場の横ににモンベルができるそうです。手ぶらで来てここで山装備一式購入して登ることもできそうです。
20180219_002.jpg

帰りに立ち寄ったのは普段一番お値段が高そうな「鹿の湯ホテル」さん。しっかり疲れをとって帰途に着きました。
20180219_102.jpg





3km弱のスノーシュー体験でした。

       ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
  マップクリックで詳細なGPSデータを表示




にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ    よかったらクリックしてネ!
にほんブログ村

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : スノーシュー 御在所岳 樹氷 氷瀑

プロフィール

びん

Author:びん
キャンプ、スキー、カヌーOutdoor大好きおやじ
最近はシーカヤックに夢中
棲息地:愛知県

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
-降水短時間予報-
FC2カウンター
現在の閲覧者数
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック